HOME > 活動報告書

活動報告書

活動報告書抜粋

「花見小路景観整備事業への支援」

アートテックまちなみ協議会が平成12年度から引き続いて実施してきた「花見小路景観整備事業」へのデザイン支援が形になり、伝統の祇園情緒を演出して好評をいただいています。アートテックまちなみ協議会が2000年にNPO法人(特定非営利法人)として活動を始めてから、三年めを迎えました。この間京都では、パートナーシップによるまちづくりが、大きくクローズアップされています。昨年度から引き続き活動した祇園町南側地区の「花見小路景観整備事業」のサポートは、その代表的な事業。四条通りから建仁寺にいたる花見小路は歴史的景観保地区に指定されており、電線の地中化に伴う都市計画のなかで、自分たちのまちなみを自分たちでデザインしたいという地元の人々からの要望を受けたものです。具体的に提案したのは、石畳と街路灯のデザイン。地元「祇園町南側地区協議会」の皆さんと膝を付き合わせながら進め、施工実験を重ねてきたプランが、都市計画を進める京都市の同意も得られ、今年度は実際に形になりました。訪れる人の評判も上々で、住民・行政・NPOの連携による、新しい京都のまちづくりを一歩進めることができました。